嘔吐下痢症 出席停止 期間

嘔吐下痢症発症時の出席停止期間

スポンサーリンク

嘔吐下痢症になると基本的に一時的に日常生活が困難になってしまうので、学校を休んで自宅で治療を行うことが多いです。
そこで一般的に認識されている出席停止期間について、どれくらいの日数が必要となっているのか紹介していきます。
この日数や出席停止が解除される期間についてですが、これは患者の症状の重さによって異なっていきます。
ですが一定の基準というものが設けられており、嘔吐下痢症の場合には症状が完全に落ち着いた時に解除されることがあります。
基本的に医療機関を受診していく流れとなりますが、その際に他人に感染をさせないことが重要となっています。
なのでマスクを着用して医療機関を受診することが、他人に移さないようにするマナーとなります。
そのためこういった予防をすることが、嘔吐下痢症という病気をいち早く完治させるための秘訣でもあります。

スポンサーリンク

 子供が嘔吐下痢症という病気になった場合においては、基本的に症状が完全に完治するまでは出席停止期間となります。
具体的な期間については特に定められていませんが、このタイミングを決めるのは保護者でないことが注意点となります。
こういった症状や出席停止解除といった判断をするのは、基本的に診察や治療をした医師となっています。
勝手に自己判断をしてしまうことによって、まだ症状が完全に治っていないのに学校に登校をしてしまうことがあります。
その後学校で嘔吐下痢症を発症してしまうと、生徒や先生にその病気を感染させてしまう可能性があります。
なのでそういった判断を決めるのは、保護者ではなく医師の決定が不可欠となっています。
なので医療機関で医師によって登校可能と判断された時にのみ、再び学校に通うことが出来るようになります。

スポンサーリンク