嘔吐下痢症 消毒 方法

嘔吐下痢症で吐いた時の消毒方法

スポンサーリンク

嘔吐下痢症の場合においては基本的に安静にすることが前提となりますが、その際に気分が悪くなって吐いてしまうことがあります。
その場合には嘔吐したものを処理しなければなりませんが、ここで正しい消毒方法について紹介していきます。
ポイントとしてゴム手袋とマスクを必ず着用するようにして、汚物を素肌に触れさせないことが前提となります。
同時に汚物からも空気感染をすることがあるので、それを予防するためにマスクも必ず着用することがポイントです。
そういった下準備をした上で、使い捨てのティッシュなどを使用して汚物を取り除いていきます。
そして汚物の処理が完了したら、その場所を塩素系消毒液ですぐに綺麗にすることが大切です。
通常のお水などで処理をするとウィルスなどが死滅しないことがあるので、必ず専用の塩素系消毒液を使って処理をすることがポイントです。

スポンサーリンク

 基本的に嘔吐下痢症の人が吐いてしまった汚物を処理する方法や手順は決まっており、消毒を徹底することが重要です。
可能であれば汚物を吐いてしまった方が処理をすることによって、他の人に迷惑をかける度合いというものが少なくなります。
ですがこの際には素手で触れないようにすることが大切であり、ゴム手袋やマスクの着用は必須となっています。
その際に使用したゴム手袋とマスクは処分するようにして、手洗いを徹底することが大切です。
またゴム手袋で触れてしまったドアノブについても、塩素系消毒液で綺麗に掃除をすることがポイントです。
空気感染をすることが多いため、二次感染をさせないためにも掃除については徹底する必要があります。
このように処理や掃除を徹底することによって、自分以外の人に空気感染をさせてしまうリスクを回避することが出来ます。

スポンサーリンク