軟便が続く 原因 対処法

軟便が続く原因と対処法

スポンサーリンク

軟便と一言で言っても幅が非常に広く、柔らかく粘土程度の硬さのものからカレーのルーのような下痢に近いものまで指しますが、一般的にどろりとした便を軟便と言います。
2、3日程度軟便が続くぐらいなら、誰でも起こる事なので心配することはありませんが、数週間や1ヶ月ぐらい続くのであれば、何かしらの原因でなっていると考えた方が良いです。
慢性的に軟便が続く原因として考えられるのは食生活です。
軟便を治すための対処法として一番に考えなければならないのが、食生活の見直しです。
どのような場合軟便になりやすいのかというと、深夜に夜ご飯を食べる事が続いている場合や、夜は晩酌の習慣がある場合、麺類などの繊維質が足りない食事が続いている場合に起こりやすいです。
このような食生活が続いている場合はこれらの習慣を見直すと、軟便がすぐに改善されるのでやってみる事をおすすめします。

スポンサーリンク

その他に消化器系の機能が低下している場合も軟便が続くことがあります。
腸の機能が低下し水分をうまく吸収できずにいるので軟便として症状が現れます。
生まれつき腸が弱い方もいますが、ストレスや緊張や不安からなる場合もあります。
また、なんらかの病気で薬を服用していると、その薬の副作用で軟便となることこもあります。
この場合、対処法としては、ストレスをうまく発散する事や薬の見直しをしてもらうことが大切です。
また、その他に消化器系の臓器が病気になっている場合があります。
最近増えてきているのが潰瘍性大腸炎です。
食事の見直しなどをしても軟便が改善されない場合は、病院を受診してみてもらう事をおすすめします。
そして、軟便は腸で水分が吸収されずに出ているので脱水症状になりやすいです。
体に負担をかけない白湯などで水分補給をしっかりと行う事をおすすめします。

スポンサーリンク