軟便が続く 原因 子供

子供の軟便が続く原因と対処法

スポンサーリンク

軟便が続く要因は大きく二つに区別されます。
一つは急性下痢、もう一つは持続性下痢です。
軟便が続く場合には後者の持続性下痢の可能性が高くなります。
持続性下痢もさらに吸収不良症候群と反復性軽症下痢、過敏性腸症候群、腸炎後症候群に分類されます。
吸収不良症候群はウイルス性胃腸炎などに引き続いて起こる二次性の下痢です。
軟便が続くケースの場合はほとんどがこのケースに当たります。
軽い場合には一週間から二週間程度で自然に回復します。
反復性軽症下痢は、普段からおなかが弱い人に当てはまります。
大人の場合には過敏性による場合が多いのですが子供の場合には、単純におなかが緩い状態が続いている傾向にあります。
年長児になると過敏性も疑うべきですが、それに達しない子供の場合にはそれほど敏感になる必要もありません。
逆にストレスを与えないことで回復することも多いのです。

スポンサーリンク

慢性反復性腹痛は数年間繰り返し腹痛を訴える場合のことです。
腹痛だけでなく頭痛や嘔吐、倦怠感などを伴う場合も多くなっています。
原因は、心因性の場合が多く、まれにほかの病気が引き起こす場合もあります。
子供の不安が原因になることも多いため、不安要素を取り除くことで自然に回復することが多くなっています。
異常なしではなく多少腹痛があっても気にしない程度のことを納得させるのが一番効果的です。
下痢の場合には、その原因はウイルス性や心因性など様々ですが、自然と回復する場合がほとんどです。
しかし、下痢や脱水症がひどくなるような場合は栄養状態が著しく悪い場合以外起こりにくくなっています。
一番大事なのは水分補給です。
繰り返し下痢をする場合には体内の水分が多く輩出されてしまいますので適度に水分補給をすることで脱水症を防止できます。

スポンサーリンク