軟便が続く 臭い 原因 対処

臭い軟便が続く続く原因と対処法

スポンサーリンク

腹痛がないのに何週間も臭い軟便が続く場合がありますが、これは病気の可能性もあるので診察をしてもらうことが必要です。
特に臭いがきつくなったとか、便が残ったような感じがある場合は消化器官の働きが低下していることが考えられます。
これは、ストレスや乱れた生活習慣や食生活などが原因で起こります。
そのため食べたものが胃や小腸で十分に消化されずに大腸まで運ばれていくのです。
そして未消化の食物は、大腸の中で分解され腐敗することで様々な腐敗ガスを発生させます。
それで便が臭くなってしまい、大腸内で便の水分を十分に吸収することができないため軟便になってしまいます。
軟便は病気の可能性もあり、特に排便のたびに腹痛が起き出血を伴うものは医師の診察が必要です。
また、これが1ヶ月も続いたり未消化の食物が出るようになったりするのも病気を疑ったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

病気ではなく軟便が続く場合は、普段の生活習慣を見直すことでそれに対処することも可能です。
偏食の多い偏った食事は、胃などの消化器官に負担を与え軟便の原因となってしまいます。
また、冷たいものやアルコールなどのとり過ぎも胃の働きを鈍らせてしまいます。
食生活の見直しは胃腸などの消化器官を守るためには大切です。
ストレスも自律神経の機能を低下させてしまい、消化器官の働きを悪くする原因となります。
自分なりの対処法を見つけてなるべくストレスをためないようにして毎日を過ごすことが必要です。
また、腸内にある善玉菌を増やして腸内環境を整えることで軟便を解消することができます。
善玉菌は、大腸が便から水分を吸収して普通の硬さにする働きを高める効果があります。
この善玉菌はサプリメントや市販のヨーグルトなどから摂取できます。

スポンサーリンク