軟便が続く 大腸がん 症状 原因

軟便が続く症状は大腸がんが原因する?

スポンサーリンク

軟便が続くという症状が出ている場合、多くの人は不快に感じるものです。
程度がひどいと、仕事や日常生活に支障が出てしまうこともあります。
すぐにでも原因を探ってみることが大切です。
まず、どんなタイミングで軟便になるのか、生活習慣を見直してみることをお勧めします。
刺激物や冷たいものを摂るとお腹を壊すというのであれば、これは単なる食べ合わせなどの問題となります。
一方、何を食べてもお腹がゆるくなってしまうという人は、大腸がんも考えられます。
できるだけ温かいものや消化のいいものを食べるようにしてみることが大切です。
それでも症状が改善されないようであれば、すぐにでも大腸がんの検査を受けることをお勧めします。
早急に検査をして早期発見となれば、治療も軽く済むはずです。
また、進行せず、完治も期待することができるはずです。

スポンサーリンク

軟便が続く場合、他の症状もしっかり把握することが大切です。
例えば、同時に腹痛も発生するということがあります。
逆に、全く腹痛を感じることはないものの、いつもお腹がゆるいという人も居るはずです。
痛みがあるかどうかによっても、原因は違ってくることが考えられます。
大腸がんの場合、かなり進行してこないことには、なかなか症状として現れることはないと言われています。
軟便が続くことそのものが、大腸がんかもしれないと考えられるため、放置しないことが大切です。
あまりにも続くようであれば、泌尿器科を受診することをお勧めします。
検査は内視鏡検査が一番分かりやすくてお勧めです。
また、受診するまで症状を緩和させるために市販薬を使う人も居ますが、できるだけ何も使わないことが大事です。
というのも、原因がまだ分からないからです。
できるだけ刺激物や消化不良となるものを食べないようにすることだけ、気をつけるべきです。

スポンサーリンク