下痢 水様便 続く 原因

下痢で水様便が続く原因と対処法

スポンサーリンク

下痢で水様便が続くのは、とてもつらいものです。
この場合は何が原因で、またどのように対処したらいいのでしょうか。
まずなぜ水様便になってしまうのかですが、下痢の場合は腸の運動が過剰になってしまうため、内容物の水分が吸収されないまま排出されてしまいます。
このため、ひどい時は90パーセント以上が水分で、ほとんど水のような状態の便が出てしまうのです。
このような水様便になる原因は、ウイルスや細菌による腸炎、そして食中毒などによるものです。
その他子供の場合は、寝冷えなどによっても下痢をすることがありますが、ウイルスや細菌で起こる場合は、寝冷えなどに比べると遥かに防御機能が強く働き、異物を外に出そうとするため、より水っぽい便が出るようになります。
またストレスが原因の過敏性腸症候群などでも、かなり水分の多い便が出ます。

スポンサーリンク

このような症状が続く場合、早く楽になりたいため、つい薬で止めたくなってしまいます。
しかし下痢が起きるのは、体内の異物を外に出す働きがあるので、無理に止めるとかえって体によくありません。
このような時は、ぬるま湯やスポーツドリンクで少しずつ水分を補給して、自然に止まるのを待つのが一番です。
スポーツドリンクも冷やした物でなく、室温程度のものを飲むようにしましょう。
もちろんこの場合、冷たい飲み物などは避けるようにしてください。
もし薬で止めたい場合は、病院で医師の診察を受けてから、薬を処方してもらうようにしましょう。
市販の整腸剤や止瀉薬で薬で止めていいのは、寝冷えや食べ過ぎなどによる下痢の場合です。
またロタウイルスなどに感染した場合は、発熱や嘔吐を伴うこともありますので、この場合も必ず病院に行って薬をもらうようにしてください。

スポンサーリンク