下痢が続く 腹痛なし

下痢が続くが腹痛なしという症状や病気についての説明

スポンサーリンク

通常下痢が続く場合において多くの割合で腹痛もセットで誘発されることが多く、2つの症状が発症することがあります。
しかし中には腹痛なしといった病気になることもあり、その場合には慢性下痢と呼ばれる症状にかかっていることがあります。
特徴として3週間以上こういった症状が継続される場合に該当する病気で、原因としてストレスが関係しています。
ストレスによって体調が変化してしまうことは良くありますが、その影響によって下痢が発生することがあります。
しかし腹痛なしという特徴があることから、食欲については通常通りとなっています。
そのため少しでも食事をしてしまうと下痢が続くといった症状になりやすく、トイレに行く回数が自然と増加します。
また極度の緊張や不安といった精神的症状も、こういったものを引き起こしやすいので注意が必要となります。
このように慢性下痢と呼ばれる症状を発症すると、下痢が継続されるが腹痛は感じないという病気になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

腹痛なしでありかつ下痢が続く症状として急性下痢と呼ばれる病気もあり、こちらは主に食べすぎや冷たいものを多く取ることで発症します。
慢性下痢のようにストレスが要因となっているわけではないため、急性下痢は原因が分かりやすいのがポイントです。
そのため治療についても行いやすい傾向があり、食事療法を行って気を付けるだけで改善されることが多いです。
ただ慢性下痢の場合にはストレス以外にも原因となることがあり、病気のサインや警告である可能性もがあります。
大腸がんや肝臓病の疑いがある場合においても、初期症状として下痢が続くが腹痛なしといったことが発症します。
対処法として市販薬を服用することで収まる事が多く、脱水症状にも気を付けることがポイントです。
ただアルコールなどを摂取するとお腹に負担がかかるため、お水やスポーツドリンクを中心に補給していきます。
こういった対応を行っても完治しない場合においては、上記の病気にかかっている可能性があります。
そういった時にはすぐに医療機関を受診して、専門的な治療を受けることがベストとなっています。

スポンサーリンク