水下痢が続く 1週間

1週間以上水下痢が続く病気についての説明

スポンサーリンク

水下痢とは排便する際にお水のような状態が継続される状態のことであり、お腹が緩くなってしまうことで発生することがあります。
そこでこの水下痢が続く症状が1週間以上継続される場合において、どういった病気の可能性があるか紹介をしていきます。
比較的症状として多いのが感染性胃腸炎と呼ばれている病気であり、ウィルスや細菌に感染することで発症します。
通常であれば数日もすれば治まることが多いですが、中には症状が1週間以上続くウィルスもあるので注意が必要です。
このウィルスは冬に流行となることが多いため、空気が乾燥する規制において予防が必要となっています。
また子供や高齢者がかかりやすいウィルスでもあるので、自宅に帰った後の手洗いなどをして予防することがポイントです。
大人が感染性胃腸炎を発症することもありますが、子供などに比べると比較的早く完治することが多いです。
これが1週間以上水下痢が続く病気の1つめであり、感染性胃腸炎という細菌やウィルスが体内に入ることで発症をします。

スポンサーリンク

 2つめに1週間以上水下痢が続く原因や病気として、暴飲飲食や消化不良などによって同様の症状が発症することがあります。
一般的には食当たりが悪いまたは食べすぎと表現されることが多く、一時的に胃腸やお腹が苦しくなることがあります。
原因はウィルスや細菌ではありませんが、感染性胃腸炎と並行して発症率が多いので注意が必要です。
特に子供は消化不良のことなど考えずに食事をすることが多いので、より一層の注意が必要となっています。
また冷たい食べ物や飲み物を食べることによっても、同様の症状になってしまうことが多くなります。
これによって胃腸が通常時より冷たくなってしまうので、それによって腹痛が水下痢が続くといった症状になる可能性があります。
夏場のように気温が高くなると冷たい飲み物を飲む機会が増加するため、お腹を壊しすぎないように制限をすることがポイントです。
このように消化不良や冷たい食べ物などを多く取ることでも、1週間以上水下痢が続くという症状になってしまうことがあります。

スポンサーリンク