腹痛 下痢 続く 対処

腹痛・下痢が続く原因と対処法

スポンサーリンク

あなたは、腹痛を伴う下痢に見舞われたことがありますか?
どんな人でも人生に一度は、経験している下痢。
お腹が突然、痛くなるという、下痢の症状は、辛いものです
ここでは、その具体的な原因や症状と対処法について、お伝えしましょう。
下痢には何故、腹痛が伴うのでしょうか?
体の腸が、ストレスや食あたり、腹部の冷え込み、食品等のせいで、水分を異常に分泌したり、逆に消化したものの水分を通常の状態で吸収できないために、起こります。
それでは、原因となるケースを詳しく見て行きましょう。
1.食品
フルーツなどを食べ過ぎると、含まれている糖類の影響を受けて、腸内に水が溜まって、必要以上の水分が排泄されると下痢となります。
2.ストレス
ストレスが多い環境におかれると、人は、自律神経が刺激を受けて、腸が、異常に収縮し、下痢と腹痛が起こります。
ストレスは、下痢の元となりますので、ご注意を!
3.腹部が冷えている。
お腹を出して寝てしまったなどが原因の場合も下痢になりがちです。
冷房等でお腹を冷やさないように、気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

4.食べ過ぎや飲み過ぎ
飲み会や忘年会があると、食べ過ぎ、飲み過ぎになりがちですが、これは腸内の働きを悪くして、消化不良を起こしやすいんです。
アルコールの摂取のしすぎは特に、下痢の直接の原因となります。
お酒の飲み過ぎやその他、食べ過ぎには、普段から注意するようにしましょうね。
このような事柄が原因となり、下痢になりやすいんですね。
それでは、どのような対処法が適切なのでしょうか?
1.市販されている薬を飲む。
2.可能であれば、横になる。特に腹部をひやさないように、ふとんや毛布を上からかけるとよいでしょう。
3.お腹を温めるようにする。温かい飲み物を飲むと効果的です。または、下痢になりがちの方は、腹巻きなどを普段からして、予防するようにしましょう。
4.お腹をさする。深呼吸をする。この2つを組み合わせると効果的です。
5.下痢に効くツボ押しをする。「ごうこく」と呼ばれるツボが、人差し指と親指の間にあります。この部分を他の手を使って、押してあげると効果があります。
6.梅エキスを舐める。梅エキスには、クエン酸が含まれているので、腸の働きを活性化させ、整えてくれます。薬がどうしても苦手な方にはオススメです。
ですが、最終的にはやはり、病院で処方された薬を飲んで、安静にしていることが大事になります。
このサイトでは、これらの腹痛、下痢が続く各症状、原因と対処法について、詳しく解説しています。
参考になりますので、ぜひ、読み進めてみて下さいね。
どうぞお大事になさってください!

スポンサーリンク